鍋焼きうどん(読み)なべやきうどん

日本大百科全書(ニッポニカ)「鍋焼きうどん」の解説

鍋焼きうどん
なべやきうどん

煮込みうどんの一種。焼きの名称は『料理物語』(1643)のなかに、魚貝類をみそ煮する料理とある。『仮名手本忠臣蔵』の「祇園(ぎおん)一力の段」には、「鶏(とり)しめて鍋焼させん」とある。鍋焼きの名称は古いが、実質的には煮るである。鍋焼きうどんは明治末ごろから移動屋台の呼び売りから始まったものである。土鍋(どなべ)を用い、うどんを主材としてエビ、麩(ふ)、かまぼこホウレンソウなどを加えて煮込み、熱いうちに用いるのをよしとする。

多田鉄之助

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android