コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋田干拓地(読み)なべたかんたくち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鍋田干拓地
なべたかんたくち

愛知県西部,弥富市の南部,海寄りにできた干拓地。西寄りの3分の2は嘉永3 (1850) 年に三つの新田として干拓された。安政2 (1855) 年の水害で水没したままになっていたのを第2次世界大戦後,食糧増産の一環として 10年余を要して 1955年に復旧した。しかし,1959年の伊勢湾台風で再び海面下に没し,全家屋が流出したが,1968年に復旧した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android