コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋蓋虫 ナベブタムシ

デジタル大辞泉の解説

なべぶた‐むし【鍋蓋虫】

ナベブタムシ科の昆虫。体長約10ミリ。鍋のふたに似る。黄褐色に黒褐色の斑紋がある。清流の砂中にすむ。
半翅(はんし)目ナベブタムシ科の昆虫の総称。体は扁平な楕円形をし、有翅または無翅。清流中にすみ、他の昆虫を捕らえ吸血する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なべぶたむし【鍋蓋虫】

カメムシ目ナベブタムシ科の昆虫の総称。渓流にすむ。ナベブタムシ・クロナベムシ・トゲナベブタムシなど。
の一種。日本特産種。体長約9ミリメートル。体は円盤状、黄褐色で黒褐色の斑紋をもつ。多くは前ばねが短く後ろばねはない。本州・四国・九州に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鍋蓋虫 (ナベブタムシ)

学名:Aphelochirus vittatus
動物。ナベブタムシ科の昆虫

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鍋蓋虫の関連キーワード黄褐色黒褐色斑紋ばね砂中

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android