コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌田正清女 かまた まさきよの むすめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鎌田正清女 かまた-まさきよの-むすめ

?-? 鎌倉時代の女性。
建久5年(1194)父の功績によって源頼朝から尾張(おわり)(愛知県)志濃幾(しのき)と丹波田名部(たなべ)(京都府)両荘の地頭に任じられた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鎌田正清女の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android