コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎖鎌術 くさりがまじゅつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎖鎌術
くさりがまじゅつ

分銅付きの鎖を取付けた鎌を用いて戦う古武術の一つ。鎌が武器として使用された歴史は古く,中大兄皇子蘇我馬子を誅したとき,これで首を斬ったとある。鎖鎌は柄の長さ約 60cm,刃渡り約 20cm,分銅の重さ 100~170g,鎖の長さ 1.1~4m。一方の手に鎌,一方の手に鎖を持ち,鎖を振回して分銅で敵を打ち,あるいは鎖を敵の身体や武器にからませて引寄せ,鎌で攻撃する。室町時代初期の念流の祖,相馬四郎義元の創案にかかるとされるが,武術として大成したのは江戸時代で,大岸,天道,大草,荒木などの諸流派があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

鎖鎌術の関連キーワード古藤田一刀流清水 隆次

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android