コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎖鎌術 くさりがまじゅつ

1件 の用語解説(鎖鎌術の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎖鎌術
くさりがまじゅつ

分銅付きの鎖を取付けた鎌を用いて戦う古武術の一つ。鎌が武器として使用された歴史は古く,中大兄皇子蘇我馬子を誅したとき,これで首を斬ったとある。鎖鎌は柄の長さ約 60cm,刃渡り約 20cm,分銅の重さ 100~170g,鎖の長さ 1.1~4m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鎖鎌術の関連キーワード猿戸取り付き・取付き取り付き所・取付き所ピクチャーレール分銅座取付き所取付き端建具工事(建設業許可の一種)板金工事(建設業許可の一種)副木付き蹄鉄 (shoe brace)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone