コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

念流 ネンリュウ

4件 の用語解説(念流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねん‐りゅう〔‐リウ〕【念流】

剣道の流派の一。上坂半左衛門安久の創始。のちに正法念流・奥山念流などに分派。
剣道の流派の一。相馬四郎義元の創始。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

念流【ねんりゅう】

剣術流派の一つ。応仁のころ,もと臨済宗の僧上坂半左衛門安久が太刀先に一念をこめる極意に達して創始したとも,また僧慈恩(慈音,俗名相馬四郎義元)が京都鞍馬山で剣術を学び創始したともいう。
→関連項目剣道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ねんりゅう【念流】

剣術の一派。上坂半左衛門安久を祖とする。正法念流。
剣術の一派。相馬四郎義元(念阿弥慈恩)を祖とする。念阿弥流。慈恩流。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

念流
ねんりゅう

新当流、陰(かげ)流と並ぶ中古剣術流派の一つ。流祖は念阿弥慈恩(ねんあみじおん)。念和尚(おしょう)の伝記には種々の説があるが、通説では奥州相馬(そうま)の人、相馬四郎左衛門忠重(ただしげ)の子、俗名義元(よしもと)のこととし、7歳のとき父が非業の死を遂げたため、相州藤沢の遊行上人(ゆぎょうしょうにん)の弟子となり、10歳京都に上って鞍馬(くらま)で剣の手ほどきを受け、16歳鎌倉に下って寿福寺(じゅふくじ)の神僧栄祐(えいゆう)に秘伝を授与され、その後も廻国(かいこく)修行を重ね、筑紫(つくし)の安楽寺(あんらくじ)に至って、ついに剣の奥義を感得したという。2代の赤松三首座慈三(あかまつさんしゅざじさん)は、遠州の人とも慈恩の舎弟ともいい、信州伊那谷(いなだに)の波合(なみあい)で1397年(応永4)5月相伝を受けたと伝える。さらに3代の小笠原東泉坊甲明(おがさわらとうせんぼうこうめい)は、教授の体系を『念流正法兵法未来記(しょうぼうへいほうみらいき)』入門巻・獅子(しし)巻・虎(とら)之巻・象(ぞう)之巻・龍(りゅう)之巻の5巻にまとめ上げた。越えて1578年(天正6)6代小笠原左衛門尉氏重(さえもんのじょううじしげ)の伝を受けた越前(えちぜん)白山(はくさん)の人友松六左衛門氏宗(ともまつろくざえもんうじむね)(清三入道偽庵(せいさんにゅうどうぎあん))は諸国を歴遊中、上州多胡(たご)郡馬庭(まにわ)村(群馬県高崎市)の郷士樋口又七郎定次(ひぐちまたしちろうさだつぐ)に巡り会い、その執心鍛錬に対し、1598年(慶長3)唯授一人の奥秘を伝授している。この定次が馬庭念流の祖で、高崎城下で天流の村上某と試合して勝ち、その名声を高めた。その後、泰平の世で沈滞を続けたが、享保(きょうほう)の改革を機に13代十郎兵衛将定(まささだ)の努力によって再興、14代定嵩(さだたか)のとき江戸・京橋に道場を開き、その実用的な剣技に老中松平定信(さだのぶ)の賞詞を受け、また18代定尹(さだおき)は徳川斉昭(なりあき)に招かれて矢留(やどめ)の秘術を披露し、水戸藩への出入りを許された。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

念流の関連キーワード正韵僊山祖福島慶道森山歓渓活山玄旭楊岐派済家新当流長谷川流臨済禅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

念流の関連情報