コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎖鎌 クサリガマ

デジタル大辞泉の解説

くさり‐がま【鎖鎌】

鎌に長いをつけ、その先に分銅(ふんどう)をつけた武器。また、それを用いる武芸分銅を投げつけ、鎖を敵の武器に絡みつかせ、引き寄せてで切りつける。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鎖鎌【くさりがま】

鎌の柄に長い鎖をつけ,その端に鉄の分銅をつけた武器。この分銅を振り込んで敵の武器に巻きつけて引き寄せ,鎌でその首をかき切る。分銅を直接ぶつけて敵の頭部を攻撃する場合もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くさりがま【鎖鎌】

室町末期ころから発達した武器で,鎌の部分,あるいは柄の下端部に長い鎖をつけ,その先端部に鉄の分銅をつけたもの。その起りは,おそらく平安末期から鎌倉初期の源平の戦乱のころ,農民も戦いに参加して,さまざまな道具が武器として使われるようになって,しだいにくふうされてきたものであろう。片手に鎌のついた柄を握って構え,片手で分銅のついた鎖を振り回して分銅で相手を打ちつけ攻撃し,また鎖を相手の武器に巻きつけてこれを奪い,引き寄せて鎌で相手を打ち切り,かき切る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くさりがま【鎖鎌】

鎌に2、3メートルの長さの鉄の鎖をつけ、その端に鉄分銅をつけた武器。分銅で敵を打ち倒し、鎌でとどめを刺す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎖鎌
くさりがま

鎌は本来、農具であるが、『源平盛衰記』『義経記』などには武器の薙鎌(なぎがま)として登場する。戦国時代の文書にも軍陣に鎌を携帯することがみえ、琉球(りゅうきゅう)古武術として鎌術が現存している。武器としての鎌に、分銅のある鎖をつけたものが鎖鎌で、鎖を打ち振りつつ分銅を相手の身体に打ち付けたり、相手の武器、手、首に巻き付け、さらに武器を打ち落としたりして、鎌で攻撃する。鎌の刃は9~30センチメートル、柄(え)は20~50センチメートル程度。戦国時代に案出されたともいい、江戸時代は武術の一つとしても行われた。現在、日本古武道協会の調べによると、天道流、直心影流、一心流などに鎖鎌術が伝承されている。[齋藤愼一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鎖鎌の関連キーワード武芸十八般・武藝十八般古藤田一刀流サムライ日本及川のび太小島一伝斎清水 隆次由利鎌之助武芸十八般真田十勇士楠瀬 喜多山田真竜軒花村多賀至野間 文堤宝山流牧野省三猿投神社武田物外池島美樹清水隆次山田伴山

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎖鎌の関連情報