コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎺金 ハバキガネ

デジタル大辞泉の解説

はばき‐がね【×鎺金】

《人が脛巾(はばき)をはいた形に似るところから》刀剣などの刀身が鍔(つば)に接する部分にはめる鞘口(さやぐち)形の金具。刀身が鞘から抜け落ちないようにするためのもの。はばき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はばきがね【鎺金】

〔人が脛巾はばきをはいたような形をしていることから〕
刀剣などの刀身が鍔つばと接する部分にはめる金具。鞘さやの鯉口いっぱいの幅につくり、刀身が鞘から抜けたり、鞘の内側に触れたりしないように押さえる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鎺金の関連キーワード鞘口脛巾鯉口

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android