鎺金(読み)ハバキガネ

大辞林 第三版の解説

はばきがね【鎺金】

〔人が脛巾はばきをはいたような形をしていることから〕
刀剣などの刀身が鍔つばと接する部分にはめる金具。鞘さやの鯉口いっぱいの幅につくり、刀身が鞘から抜けたり、鞘の内側に触れたりしないように押さえる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android