コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡山城 かがみやまじょう

1件 の用語解説(鏡山城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

かがみやまじょう【鏡山城】

広島県東広島市(安芸国西条)にあった山城(やまじろ)。国指定史跡。周防(すおう)・長門(山口県)の大内氏が、長禄・寛政年間(1457~66年)に西条盆地の中央部の丘陵に築城、安芸進出の拠点とした。安芸盆地は安芸国の中心だったため、応仁の乱(1467~77年)から戦国時代にかけて、この城の争奪戦が繰り広げられた。戦国時代に出雲国の尼子(あまご)氏が勢力を伸ばし、大内氏30代当主・義興(よしおき)と対立。1523年(大永3)尼子氏側は、毛利元親(もうりもとちか)の策略で鏡山城を落とした。1525年(大永5)大内義興は城を奪還したが、その防御力に不安を覚え、より強固な山城の槌山城(つちやまじょう)を築城して拠点を移したため、鏡山城は廃城となった。現在は鏡山公園として整備され、石垣、井戸、土塁などの遺構が残っている。JR山陽本線西条駅からバスで10分、鏡山公園入口下車。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鏡山城の関連キーワード安芸西条東広島市広島国際大学東広島旧広島市民球場湖畔の里福富東広島[市]脇隆景つちや

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鏡山城の関連情報