長上下・長裃(読み)なががみしも

精選版 日本国語大辞典「長上下・長裃」の解説

なが‐がみしも【長上下・長裃】

〘名〙 大名・旗本の目見(めみえ)以上の、行事の際の式服。麻地小紋の裏なしの肩衣(かたぎぬ)に同じ地質小紋の長袴を付属する。肩衣と切袴(きりばかま)による上下に対していう。ながじょうげ。
狂歌・大団(1703)三「秋の夜の長上下のふるきをもといて御うちやれあさのさ衣」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android