コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長袴 ナガバカマ

大辞林 第三版の解説

ちょうこ【長袴】

ながばかま【長袴】

すそが足よりも長く、引きずるようになっている袴。近世、礼服として素襖すおう・肩衣かたぎぬと組み合わせて長裃なががみしもとした。引袴ひきばかま。 ↔ 切り袴半袴

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の長袴の言及

【袴】より

…鎌倉時代以降,下級武士がこれを着用した。(8)長袴 袴の裾を長くひくように仕立てた袴で,室町時代から直垂・素襖に用いられ,素襖長袴を上下(かみしも)といった。江戸時代には主として肩衣(かたぎぬ)に用い,肩衣長袴を長裃(なががみしも)といい,上流武家の式服であった。…

※「長袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長袴の関連キーワード乎・個・古・呼・固・壺・姑・孤・己・庫・弧・戸・扈・故・枯・沽・湖・狐・糊・股・胡・虎・虚・蠱・袴・誇・錮・雇・顧・鼓長裃・長上下継ぎ足・継足素襖・素袍都太夫一中歌舞伎衣装御引直衣直垂上下十二単袴・褌狂乱物能装束切り袴長上下括り袴かま直垂引袴直衣祭服

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長袴の関連情報