長寿吉(読み)ちょう ひさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長寿吉 ちょう-ひさよし

1880-1971 明治-昭和時代の西洋史学者。
明治13年8月4日生まれ。長三洲の長男。奈良女高師,学習院,九州帝大,上智大の教授をつとめた。この間,ヨーロッパに2度留学,おもに近世ドイツの政治史を研究した。昭和46年3月21日死去。90歳。大分県出身。東京帝大卒。号は岵雪。著作に「史学概論」「西洋近世史」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android