コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長寿社会対応住宅設計指針 チョウジュシャカイタイオウジュウタクセッケイシシン

1件 の用語解説(長寿社会対応住宅設計指針の意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

長寿社会対応住宅設計指針

建設省が策定したもので、加齢等に伴う一定の身体弱化に対し、そのまま又は比較的軽微な改造により住み続けることができる住宅の設計指針。部屋の配置・段差・手すり・通路・出入口の幅員・玄関・階段・便所・浴室などの44項目が設定されている。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長寿社会対応住宅設計指針の関連キーワードRTFJ建設省エイジングITSSアンチエイジングゴールドプラン地球温暖化防止森林吸収源10ヶ年対策新市建設計画原発の新旧耐震指針国立大学法人等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone