コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建設省 けんせつしょう

6件 の用語解説(建設省の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建設省
けんせつしょう

国家行政組織法および建設省設置法により設置された建設に関する国の行政機関国土計画地方計画都市計画,河川,道路,海岸,公有水面,運河,砂防,水防,土木,建築,住宅,土地収用その他の建設行政に関する事務,事業を司る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けんせつ‐しょう〔‐シヤウ〕【建設省】

河川・道路・上下水道などの公共事業、住宅・土地政策都市計画建設産業の指導・監督などに関する行政事務を担当した国の行政機関。昭和23年(1948)建設院を昇格させて設置。平成13年(2001)運輸省国土庁北海道開発庁と統合され、国土交通省となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

建設省【けんせつしょう】

旧省名。国土計画,都市計画,河川・海岸・港湾・水防・道路に関する計画,土木建築に関する研究と技術指導,建設業の監督等を主管する中央行政機関。付属機関として国土地理院建設大学校など,地方支分部局として地方建設局があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けんせつしょう【建設省】

道路,河川,都市計画,住宅行政をはじめ,国土建設に関連する公共事業等の行政を担当する行政機関。その前身は内務省(1873年設置,1947年廃止)の土木局である。戦後,内務省が廃止され,1948年7月10日建設省が設置されるにともない,関係行政が引き継がれ今日に及んでいる。その内部組織は大臣官房および建設経済局等の5局からなる。建設経済局は,土地収用,宅地開発,公共用地の取得,建設業,不動産業等を担当し,都市局は都市計画,都市再開発,街路,土地区画整理,公園,緑地,下水道等を担当する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けんせつしょう【建設省】

国土計画・都市計画・下水道・河川運河・砂防水防・道路・住宅などに関する行政を担当した国の行政機関。付属機関に国土地理院などが置かれた。1948年(昭和23)建設院から昇格。2001年(平成13)中央省庁再編にともない、国土交通省に移行。 → 国土交通省

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建設省
けんせつしょう

国家行政組織法に基づき、建設省設置法によって設置された国の行政機関。1948年(昭和23)7月、建設院が運輸省建設本部を吸収、省に昇格したが、2001年(平成13)1月の中央省庁再編に伴い、運輸省、国土庁北海道開発庁とともに国土交通省に再編統合された。
 建設省は、総じて国土開発(保全を含む)と災害防止、生活環境整備、産業基盤整備と経済活動の規制など、幅広い行政を担当していた。具体的な任務や権限としては、国土計画・地方計画の調査・立案、土地の測量・地図の調整、河川・道路の維持・保全、都市計画および都市計画事業に関する事務の管理ならびに都市計画事業の実施、土地区画整理・都市再開発など、屋外広告物・都市緑地保全・生産緑地など、下水道、海岸・河川・運河、砂防・水防、公有水面埋立て、道路の新設など、宅地供給・宅地造成に関する調査・企画など、住宅・建築、土地の使用・収用、官庁営繕などに加え、首都高速道路公団、地域振興整備公団、日本道路公団、住宅金融公庫(現、住宅金融支援機構)、都市基盤整備公団(現、都市再生機構)、日本勤労者住宅協会などの業務の監督など、多岐にわたっていた。
 長は建設大臣であり、内部部局として、大臣官房のほか、建設経済局、都市局、河川局、道路局、住宅局が置かれた。また、審議会(政令に基づくものを含む)として、都市計画中央審議会、住宅宅地審議会、河川審議会、公共用地審議会など、施設等機関として土木研究所、建築研究所、建設大学校が、特別の機関として国土地理院が置かれていた。なお、地方支分部局として、八つの地方建設局が置かれ、その出先機関として工事事務所・出張所も置かれていた。
 2001年以降、建設省の組織については次のように再編された。内部部局に関して、大臣官房の有する機能は、国土交通省の大臣官房に、建設経済局については国土交通省の総合政策局に、都市局については国土交通省の都市・地域整備局に、河川局・道路局・住宅局については、国土交通省の河川局・道路局・住宅局に引き継がれた。施設等機関に関しては、土木研究所と建築研究所が国土交通省の土木研究所、建築研究所にそれぞれ引き継がれ、建設大学校は運輸省の運輸研修所と統合され、国土交通省の国土交通大学校および国土交通政策研究所にそれぞれ引き継がれた。特別の機関に関しては、国土地理院はそのまま国土交通省の特別の機関として引き継がれた。審議会等に関しては、都市計画中央審議会、河川審議会、公共用地審議会等については、国土交通省の審議会等である社会資本整備審議会に引き継がれることとなった。地方支分部局に関しては、地方建設局が運輸省の港湾建設局と統合され、国土交通省の地方整備局として再編された。[福家俊朗・山田健吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

建設省の関連キーワード国土基本図国土計画国土国土交通大臣国土法国土形成計画国土交通大臣免許下河辺淳八十島義之助国土計画[株]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

建設省の関連情報