長尺(読み)チョウシャク

  • ちょうしゃく チャウ‥
  • ちょうしゃく〔チヤウ〕
  • ちょうじゃく
  • ながじゃく

大辞林 第三版の解説

映画のフィルムの長いこと。また、そのフィルム。 -物
物差しの一種。その一尺が曲尺かねじやくの一尺一寸五分にあたるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ちょうじゃく」とも) 映画フィルムが、ふつうより長いこと。また、そのフィルム。
※珍太郎日記(1921)〈佐々木邦〉六「此寸暇なるものが昼から夜の十一時頃に亙るのだから、活動写真ではないが頗る長尺(チャウシャク)だ」
〘名〙 物差しの一つ。曲尺(かねじゃく)の一尺一寸五分を一尺とするものという。長差し。
※多聞院日記‐天文一二年(1543)四月二九日「へんさん長尺に五丈を、三百七十五文に買て、はりかへ遣了」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長尺の関連情報