コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長期欠席児童 ちょうきけっせきじどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長期欠席児童
ちょうきけっせきじどう

連続的あるいは断続的に年間 30日以上の欠席のある児童。長欠児,長欠者ともいう。1990年度までは授業日数の 3分の1以上の欠席児童をいった。文部科学省の学校基本調査によれば,第2次世界大戦後その数は漸次減少してきたが,「30日以上」で統計を取り始めた 1991年度以降,小・中学生とも確実に増加している。欠席理由のおもなものは以前は小・中学校とも病気が最も多く,次いで家庭の経済的理由,不登校となっていたが,近年は不登校の増加する傾向が認められる。文部科学省は全国各地に「適応指導教室」を設置したり,各校にスクールカウンセラーや「心の相談員」を配置するなど対策を進めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

長期欠席児童の関連キーワード国生 岩右衛門国生岩右衛門

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android