コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長沼宗泰 ながぬま むねやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長沼宗泰 ながぬま-むねやす

?-? 鎌倉時代の武将,歌人。
長沼時宗の子。幕府御家人。鶴岡八幡宮放生会(ほうじょうえ)で将軍宗尊(むねたか)親王の警護役をつとめた。淡路(あわじ)の守護として正嘉(しょうか)2年(1258)悪党取り締まりの幕命をうけ,建治(けんじ)3年六波羅評定衆となった。作歌が「続拾遺和歌集」などの勅撰集に8首とられている。通称は淡路又四郎左衛門尉。法名覚源

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長沼宗泰の関連キーワード鎌倉時代長沼時宗皆川氏

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android