長淵荘(読み)ながぶちのしょう

世界大百科事典 第2版の解説

ながぶちのしょう【長淵荘】

筑前国上座郡(現,福岡県朝倉郡朝倉町)長淵郷を中心に上座郡への加納によって成立した荘園。田数は不明であるが,郡全体の広がりをもつと思われる。堀河天皇の御願になる京都尊勝寺の荘園。官物だけ国衙に納める国半不輸の公領としての性格が強い。これは天皇の働きかけに呼応した国郡司の協力があったことを物語ろう。荘園年貢,支配構造は不明。1221年(承久3)法勝寺執行の尊長領家職を順徳天皇皇子道覚親王に譲った。尊長が承久の乱の張本人であったため,乱後,幕府によって没収され関東御領化し,このとき,荘田が固定されたらしい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android