コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長短句 チョウタンク

デジタル大辞泉の解説

ちょうたん‐く〔チヤウタン‐〕【長短句】

長句と短句。また、古詩楽府(がふ)など1句の字数の一定しない詩。特に、宋詞のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうたんく【長短句】

長い句と短い句。
古詩または楽府がふなどの句が、あるいは長く、あるいは短くて、字数の一定しないもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の長短句の言及

【古体詩】より

…唐以前から存した古い形式にのっとるもので,偶数句で押韻する以外は,平仄(ひようそく)や句数の制約を受けることがなく,自由に思想・感情を表現するのに適している。各句は四言,五言,七言から構成されるが,それらをとりあわせた長短句もある。押韻は一種の韻を全編にわたって用いることもあるが,長い詩では途中で換韻することも珍しくない。…

【詞】より

…〈漢文,唐詩,宋詞,元曲〉といわれるように,詞は宋代をもって様式を完成し,この時代の特有な文学としての位置をしめる。詞というほかにいろいろな呼び方があり,詩余,曲子詞,長短句,塡詞,近体楽府(がふ)などともいう。
[形式]
 韻文としての詞の形式(句法,押韻法,韻律など)は楽曲に規定される。…

※「長短句」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone