コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周邦彦 しゅうほうげん Zhou Bang-yan

3件 の用語解説(周邦彦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周邦彦
しゅうほうげん
Zhou Bang-yan

[生]嘉祐1(1056)
[没]宣和3(1121)
中国,北宋の詞人。銭塘 (浙江省) の人。字,美成。号,清真居士。元豊年間,神宗に認められ,太学正に抜擢された。徽宗のとき音楽を司る大晟府 (たいせいふ) の長官をつとめ,その後,地方の知事を歴任して辞職し,明州に隠居して没した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうほうげん【周邦彦 Zhōu Bāng yàn】

1058‐1123
中国,北宋末の文人官僚,詞人。字は美成,号は清真居士。浙江省杭州銭塘の人。秘書監(宮廷図書館長),提挙大晟府(音楽所長官)などを歴任。宋代に流行した歌辞文芸であるを洗練して精巧な形式を完成,かつ典雅な奥深い(渾厚和雅)作風を確立,後世の模範となる。方千里《和清真詞》など模倣作が多い。詞集《清真集》《片玉詞》2巻,そして南宋の陳元竜注《片玉集》10巻が残る。【村上 哲見】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周邦彦
しゅうほうげん
(1056―1121)

中国、北宋(ほくそう)の官僚文人、詞人。字(あざな)は美成(びせい)、号は清真居士。銭塘(せんとう)(浙江(せっこう)省杭州(こうしゅう))の人。太学生(たいがくしょう)のときに首都開封の繁華なさまをつづった「(べんと)の賦」を献上して文才を認められ、任官して秘書監(宮廷図書館長)、提挙大晟府(たいせいふ)(音楽所長官)などを歴任した。唐代に始まり宋代に流行した歌辞文芸「詞」の作家としてことに有名で、洗練された精巧な形式と、「渾厚(こんこう)和雅」と評される奥深い典雅な作風は、この文学様式の一頂峰であり、南宋文人の模倣作の集(方千里『和清真詞』など)が何種もある。詞集は『清真集』または『片玉詞』2巻。南宋・陳元竜の注を付する『片玉集』10巻がある。[村上哲見]
『中田勇次郎著『漢詩大系24 歴代名詞選』(1965・集英社) ▽村上哲見著『中国詩文選21 宋詞』(1973・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の周邦彦の言及

【詞】より

…北宋後半になると,詩人文章家として有名な蘇軾(そしよく)(《東坡楽府》)をはじめ,黄庭堅,秦観など,文人官僚はみな詞を作るようになる。北宋末の周邦彦(《片玉詞》《清真詞》)は慢詞の手法を柳永から受けつぎながら,卑俗さを脱して典雅幽遠な詞風を完成した。音楽に通じ,したがって韻律も精密で,後世〈詞家の正宗〉と尊重される。…

※「周邦彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

周邦彦の関連キーワード陸治晏殊呉文英周密秦観曹知白詞人臨川集曽鞏蘇漢臣

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone