コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長義 ちょうぎ

朝日日本歴史人物事典の解説

長義

生年:生没年不詳
南北朝時代備前(岡山県)長船の刀工。「ながよし」と読むべきであるが,長吉と名乗る刀工が他にいるため「ちょうぎ」と呼びならわしている。作品にみる年紀は文和1(1352)年から康暦2(1380)年にわたる。同時期の長船刀工には正系の兼光がいるが,それとは作風が相違し,沸のついた大互の目や湾れの刃文を焼き,また年号も兼光が北朝年号を記すのに対し,長義には南朝年号を用いることがあって,系統を異にする派とみられている。江戸時代の刀剣書が相州正宗の弟子とするように作風に相州物の影響が認められるが,年代的には合わない。一門に兄長重をはじめ長守,兼長らがいる。<参考文献>加島進「中世における長船刀工について」(『東京国立博物館紀要』6号)

(原田一敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ながよし【長義】

南北朝期の備前長船おさふねの刀工。光長の子。相州伝風の作品を残す。切れ味でも名高い。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の長義の言及

【長船物】より

…長光の子あるいは弟子に景光,真長(さねなが),近景,景光の子に兼光がおり,いずれも名作をのこしている。南北朝時代には兼光の系統に倫光(ともみつ),政光,基光などがおり,この正系以外に別系と思われるものも現れ,長義系の長重・長義・兼長,元重系の元重・重真,山城国大宮から備前に移住したという大宮系の盛景・盛重などが活躍,隆盛をみた。室町初期の長船物は応永備前の呼称があり,その代表工に盛光,康光がいる。…

※「長義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長義の関連キーワード日本科学史(年表)肥前忠吉(初代)塩酸エフェドリンエフェドリン小田島長義6月20日鈴木ひでる恩田 重信近藤平三郎飯沼慾斎長井長義三日月藩市橋長和河野通有狩野岳也5月8日一宮長常仁正寺藩喜多古能緒方 章

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android