コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長脇差 ナガワキザシ

デジタル大辞泉の解説

なが‐わきざし【長脇差】

長い脇差大脇差
《江戸時代、関東で1を差していたところから》ばくち打ち。博徒(ばくと)。侠客(きょうかく)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ながわきざし【長脇差】

脇差のうち、比較的長さのあるもの。大脇差。
〔江戸時代、を差していたところから〕 博徒・俠客きようかくの異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

長脇差の関連キーワード磯の源太抱寝の長脇差滝口 新太郎川口 松太郎マキノ 登六松本 田三郎山中 貞雄木下 双葉衣笠貞之助嵐 寛寿郎三条 輝子細野 次郎山中貞雄江戸時代国定忠治長どす一本刀無宿