コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼見卿記 かねみきょうき

2件 の用語解説(兼見卿記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兼見卿記
かねみきょうき

安土桃山時代,神祇大副吉田兼見 (初名兼和) の日記。現在,元亀1 (1570) ~文禄1 (92) 年の記事が伝えられているが,途中闕失部分もある。そのほかに若干の別記がある。兼見が吉田神道の宗家にある立場上,神事に関係する記述が大半であるが,織田信長豊臣秀吉の動静をはじめとする中央政権の推移,各地へ旅行したときの紀行および世間の見聞,さらには連歌,能楽などの文芸関係にも及んでおり,この時代の重要な史料となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かねみきょうき【兼見卿記】

吉田兼見(1535‐1610)の日記。兼見は兼右の子で,初名兼和,1586年(天正14)兼見と改名。従二位神祇大副。吉田神道の宗家として公武の神事祈禱をつかさどり,織田信長・豊臣秀吉らとも交渉があったため,その日記には神事関係以外にも政治情勢,社会,文芸など多方面の記事が含まれ安土桃山時代の重要史料である。1570年(元亀1)6月から92年(文禄1)(うち1574,88,89年を欠く)と1610年(慶長15)分が写本として残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

兼見卿記の関連キーワード吉田兼隆吉田兼倶・吉田兼俱益田兼世吉田兼亮吉田兼連吉田兼治吉田兼見吉田兼致吉田兼方

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兼見卿記の関連情報