兼見卿記(読み)かねみきょうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兼見卿記
かねみきょうき

安土桃山時代,神祇大副吉田兼見 (初名兼和) の日記。現在,元亀1 (1570) ~文禄1 (92) 年の記事が伝えられているが,途中闕失部分もある。そのほかに若干の別記がある。兼見が吉田神道の宗家にある立場上,神事に関係する記述が大半であるが,織田信長豊臣秀吉の動静をはじめとする中央政権の推移,各地へ旅行したときの紀行および世間の見聞,さらには連歌,能楽などの文芸関係にも及んでおり,この時代の重要な史料となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かねみきょうき【兼見卿記】

吉田兼見(1535‐1610)の日記。兼見は兼右の子で,初名兼和,1586年(天正14)兼見と改名。従二位神祇大副。吉田神道の宗家として公武の神事祈禱をつかさどり,織田信長・豊臣秀吉らとも交渉があったため,その日記には神事関係以外にも政治情勢,社会,文芸など多方面の記事が含まれ安土桃山時代の重要史料である。1570年(元亀1)6月から92年(文禄1)(うち1574,88,89年を欠く)と1610年(慶長15)分が写本として残る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android