コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚昧記 ぐまいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愚昧記
ぐまいき

『愚昧御記』『実房記』などともいう。三条実房 (1147~1225) の日記。当時の朝儀政局の推移をみるうえに貴重な史料。写本類は多くの諸機関に散在するが,東京大学史料編纂所陽明文庫には自筆原本も所蔵されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

愚昧記【ぐまいき】

公家の三条実房(さねふさ)の日記。《愚昧御記(ぎょき)》《実房記》ともいう。現在は1167年から1195年の間のものが部分的に残っているだけで,自筆本が東京大学史料編纂所などに所蔵される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぐまいき【愚昧記】

平安末~鎌倉初期の公家三条実房の日記。暦記18巻,別記15巻が存在したというが,現在は1167‐95年(仁安2‐建久6)の間のものが部分的に残っているだけである。《愚昧御記》《実房記》ともいう。平安末~鎌倉初の動乱期における政局の推移や朝儀の様子がわかる貴重な資料。東大史料編纂所に自筆本7軸,陽明文庫に安元3・寿永3・文治5年の自筆本3軸(重文)が現存し,写本も多い。【清田 善樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぐまいき【愚昧記】

平安末期から鎌倉初期の公家三条実房の日記。1167年から95年の記事が部分的に残る。当時の政局の推移に詳しい。愚昧御記。実房記。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愚昧記
ぐまいき

平安末期~鎌倉初期の公卿(くぎょう)三条実房(さねふさ)(1147―1225)の日記。1166年(仁安1)より95年(建久6)までの間で19年分だけが伝わる。著者は1190年(建久(けんきゅう)1)に左大臣に上り96年には出家した。名称は実房自身の謙遜(けんそん)であろう。朝廷の儀式の記録が多く非常に詳しいので古来珍重され、江戸時代の写本が多い。朝廷周辺の動向を知るうえで同時代の『玉葉(ぎょくよう)』などと並ぶ史料であり、原本(国指定重要文化財)の紙背には検非違使庁(けびいしのちょう)の裁判文書などがある。[菅原昭英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

愚昧記の関連キーワード大日本古記録中院通冬藤原実房智泉聖通三条公忠拷問の制源平争乱後愚昧記祭囃子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android