コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野士郎 ながの しろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長野士郎 ながの-しろう

1917-2006 昭和-平成時代の官僚,政治家。
大正6年10月2日生まれ。昭和17年内務省にはいり,自治省の選挙,行政,財政各局長をへて,46年事務次官。社公民路線を提唱する江田三郎の勧めで,47年岡山知事選に立候補して当選。県民本位,住民参加の県政をとなえ,6期つとめた。平成7年全国知事会会長。翌年引退。平成18年12月5日死去。89歳。岡山県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長野士郎の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))牧野省三[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門有島武郎チャップリンヘレン ミレンTGE-A型 軍用保護自動貨車アポリネールランデール

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android