コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江田三郎 えださぶろう

5件 の用語解説(江田三郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江田三郎
えださぶろう

[生]1907.7.29. 岡山
[没]1977.5.22. 東京
政治家。東京商科大学を中退し農民運動に投じる。 1950年参議院議員に当選,60年日本社会党書記長となり安保,三池闘争を指導。委員長浅沼稲次郎の暗殺後委員長代行として総選挙の陣頭に立った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

江田三郎【えださぶろう】

政治家。岡山県出身。東京商科大学(現,一橋大学)中退。1937年岡山県議となるが,翌年第2次人民戦線事件で逮捕。第2次大戦後,県議を2期務めたあと,1950年日本社会党から参議院議員に当選(1963年からは衆議院議員),1960年書記長となる。
→関連項目佐々木更三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江田三郎 えだ-さぶろう

1907-1977 昭和時代の政治家。
明治40年7月22日生まれ。江田五月の父。昭和21年社会党に入党,25年参議院議員(当選2回)。35年書記長となり同年の浅沼稲次郎委員長の暗殺事件後委員長代行。新しい社会主義をめざす構造改革論を提案。38年衆議院議員(当選4回)。党内左派の攻撃をうけ,52年離党。社会市民連合結成直後の同年5月22日死去。69歳。岡山県出身。東京商大(現一橋大)中退。著作に「日本の社会主義」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

えださぶろう【江田三郎】

1907‐77(明治40‐昭和52)
昭和期の政治家・社会運動家。岡山県生れ。神戸高商から東京商大本科に進むが病気で郷里に帰り,全国大衆党に入党し農民運動に従事。1938年(昭和13)2月の第2次人民戦線事件で41年秋まで入獄。敗戦を中国石家荘で迎えるが,46年帰国後直ちに日本社会党に入党し農民運動に入る。県会議員,参議院議員を経て,63年から76年まで衆議院議員。この間1948年1月党中央委員になり,60年3月書記長,同年11月浅沼委員長暗殺後委員長代行となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江田三郎
えださぶろう
(1907―1977)

政治家。岡山県出身。東京商科大学(現一橋大学)中退。1931年(昭和6)全国大衆党に入党、岡山の農民運動に参加した。1937年岡山県会議員に当選するが、翌年人民戦線事件で検挙され、1941年秋出獄。2年後思想犯前歴者の「南方送り」から逃れるため中国に渡る。1946年(昭和21)帰国し日本社会党に入党、農民運動に復帰。1950年参議院選挙で当選、1963年から衆議院議員。党内では当初左派に属し、1960年書記長となる。しかし同年浅沼暗殺事件後、委員長代行として構造改革論を党の新路線として打ち出し、党内左派の反撃を受ける。以後2回の委員長選挙で敗退、書記長、副委員長を務めた。1970年代に入ると反共・中道の野党再編論のリーダーとなり、1976年「新しい日本を考える会」を結成、1977年離党して社会市民連合(社会民主連合の前身)を発足させるが、その直後急死した。[荒川章二]
なお、長男の五月(さつき)は参議院議長を務めた。[編集部]
『『私の履歴書 第18集』(1963・日本経済新聞社) ▽『江田三郎――そのロマンと追想』(1979・同書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の江田三郎の言及

【社会主義協会】より

…他方,社会党内にあって党を階級的に強化するための実践は,党内左翼を中心として機能してきた。すなわち西尾末広らの民主社会主義路線や江田三郎の構造改革路線などを激しく批判し,青年層を中心に勢力を拡大した。そのため党内の他派との組織的対立や党内批判が強くなり,78年2月の第11回大会で,それまでおかれていた労働組合などの組織内グループを廃止するなど,思想集団としての立場を強化する自己改革を行った。…

【日本社会党】より

…しかし,この間に西尾末広を中心とする右派は共産党との絶縁,安保闘争を条件闘争にすることを要求したがいれられず,脱党して60年1月に民主社会党(のち民社党と改称)を結成した。60年安保闘争の終結後,浅沼委員長が右翼の青年に刺殺されて書記長江田三郎が最高指導者になった。江田は同年10月の臨時大会で経済構造を改良しつつ社会主義に至るという構造改革の路線を提唱した(構造改革論)。…

※「江田三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

江田三郎の関連キーワード社会運動運動家淺沼稲次郎近藤真柄足鹿覚伊藤好道岡崎熊吉(2)中原健次原彪矢後嘉蔵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

江田三郎の関連情報