コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野泰一 ながの やすいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長野泰一 ながの-やすいち

1906-1998 昭和-平成時代のウイルス学者。
明治39年6月22日生まれ。昭和22年東大教授となり,31年同伝染病研究所長。42年北里研究所部長,61年林原生物化学研究所参与。29年ウイルスの増殖をおさえる抑制因子(インターフェロン)を発見した。56年学士院恩賜賞。平成10年2月9日死去。91歳。三重県出身。北海道帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の長野泰一の言及

【インターフェロン】より

…IFまたはIFNと略記する。1954年,長野泰一,小島保彦によって,動物細胞が産生する物質でウイルスの増殖を阻止する物質として発見され,〈ウイルス抑制因子〉と名づけられた。その後57年,アイザックスA.IssacsとリンデンマンJ.Lindenmannは別の実験系で同物質を見つけ,ウイルス干渉現象interferenceを起こすという意味でインターフェロンと名づけた。…

※「長野泰一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長野泰一の関連キーワード恩賜賞受賞者サイトカイン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android