コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長須祥行 ながす としゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長須祥行 ながす-としゆき

1932- 昭和後期-平成時代の農業評論家。
昭和7年5月16日生まれ。地方新聞「新茨城」や労組機関誌などの記者をへて,昭和40年からフリー。茨城県土浦を本拠として,鹿島臨海工業地帯の開発理念「農工両全」を告発し,三里塚闘争でも農民の側から報告をつづける。茨城県出身。日大卒。著作に「密殺同盟」「産直運動」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長須祥行の関連キーワード上吉影村藤衛門昭和

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android