コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長髪賊 チョウハツゾク

大辞林 第三版の解説

ちょうはつぞく【長髪賊】

〔辮髪べんぱつを解き、反清の態度を表明して長髪にしていたところから〕
太平天国に結集して、反乱を起こした人々に対する清朝側の呼称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の長髪賊の言及

【辮髪】より

…漢民族は当初頑強に抵抗したが,清は違反者に死刑の厳罰で臨み,また漢民族もしだいに慣れて辮髪が普及した。19世紀中ごろ,清朝打倒の兵を起こした太平天国は辮髪をやめて頭髪をのばしたので,官憲から〈長髪賊〉と呼ばれた。古来,漢民族の礼制のなかで,服制とともに髪制は厳格なものがあった。…

※「長髪賊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

長髪賊の関連キーワード黒旗軍呼称反乱

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android