コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁髪/辮髪 ベンパツ

デジタル大辞泉の解説

べん‐ぱつ【弁髪/×辮髪】

北方アジア諸民族の間で行われた男子の髪形国を建てた満州族の場合、頭の周囲のをそり、中央に残した髪を編んで後ろへ長く垂らしたもの。清朝漢民族にこれを強制した。中華民国になって廃止

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弁髪
べんぱつ

北アジア諸民族の間で行われた男子の髪型。「薙髪(ちはつ)」ともいう。民族と時代によりその形には若干の相違がある。清(しん)朝を建てた満州民族の場合は、頭の周囲をそり(薙髪)、後頭部に残した髪を編んで(弁髪)長く背後に垂らす形で、西洋人にピッグ・テイルpig tailとよばれた。この満州民族の風習である弁髪を漢民族に強制したのが「薙髪令」である。1644年に北京(ペキン)に入り中国全土の支配を目ざした清朝は、漢民族との妥協の諸政策も行ったが、一方では満州人政権への服従の証拠として薙髪令を出した。とくに全土平定の目安のついた45年以後は「頭を留めれば髪を留めず、髪を留めれば頭を留めず」といわれたほどに弁髪を強制し、漢民族はこれを夷狄(いてき)の風習と嫌って自殺したり、僧侶(そうりょ)や道士になった者も少なくなかった。しかし、やがてこの風俗は漢民族に定着し、清末には中国の風俗のようになった。19世紀後半に満州人政権打倒を呼号した「太平天国」では、弁髪をやめてその抵抗の証拠としたので、清朝側ではこれを長髪賊、髪匪(はっぴ)などとよんでいる。[細谷良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

弁髪/辮髪の関連キーワード清の時代(年表)ヘアスタイル弁髪・辮髪不動明王ガンガー太平天国満洲族長髪賊薙髪令華僑孫文張勲油油