コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

門下府 もんかふMunhabu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

門下府
もんかふ
Munhabu

朝鮮,高麗および朝鮮王朝 (李朝) 初期の最高中央官庁。門下府の名称は高麗の恭愍王 18 (1369) 年から朝鮮王朝の太宗1 (1401) 年まで用いられた。その前身は唐の門下省で,高麗初期には,内議省,次いで内史門下省,中書門下省,僉議 (せんぎ) 府,都僉議府などの名称をもち,国政の最高執行機関であった。忠烈王5 (1279) 年都評議使司がおかれ,国政の最高議決機関ができるとそれに所属し,朝鮮王朝に引継がれた。朝鮮王朝では都評議使司の決定事項を王が裁定し,それが門下府に伝えられ,門下府から六曹 (吏,戸,礼,刑,兵,工) に命じられた。しかし定宗2 (1400) 年都評議使司が議政府と改称され,翌年門下府の職務が議政府に移され,消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

門下府の関連キーワード崔茂宣李成桂

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android