コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都評議使司 とひょうぎしし Top'yǒng-ǔisa-sa

2件 の用語解説(都評議使司の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都評議使司
とひょうぎしし
Top'yǒng-ǔisa-sa

朝鮮,高麗末期から朝鮮王朝 (李朝) 初期の最高政治機関。忠烈王5 (1279) 年に都兵馬使を改めたもので,僉議府,密直司の両府の高官が会合して,国家の重大事を議論して処理した最高機関。のち朝鮮王朝建国当初まで存続したが,定宗2 (1400) 年に議政府と改めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とひょうぎしし【都評議使司】

朝鮮の高麗末期から李朝初期にかけて存在した最高政治機関。その前身は都兵馬使である。これは北辺防衛を管掌する中央機関で,その指揮下に防衛の実務を担当する兵馬使が東北面と西北面におかれた。モンゴルが高麗を制圧すると,まず兵馬使が廃され,つづいて1279年(忠烈王5)都兵馬使は都評議使司と改称され,その構成と職務も変わった。都評議使司は,百官を統轄する僉議府(せんぎふ),軍事をつかさどる密直司,財政を管掌する三司の高官数十名で構成され,政治・軍事・財政を支配する最高機関となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の都評議使司の言及

【議政府】より

…朝鮮,李朝時代の最高政策決定機関。1279年(高麗,忠烈王5)にできた都評議使司の後身。都評議使司は門下省(政治),三司(財政),密直司(軍事)の上級官員で構成され,合議制で運営した。…

※「都評議使司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

都評議使司の関連キーワード中枢院李朝竜飛御天歌両班天川鉛銭史庫還穀燃灯会農荘(農庄)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone