コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

門司氏 もじうじ

世界大百科事典 第2版の解説

もじうじ【門司氏】

〈もんじ〉ともいう。中世,九州の北端にある門司近辺に勢力のあった武家。1244年(寛元2)に御家人藤原親房が門司領6ヵ所を賜ったのに始まるという。もと下総氏を称する。門司関は交通の要所として執権北条氏の所領となり,下総氏はその被官であった。南北朝以降土着化が進み門司氏と称するようになる。伊川,柳,大積,片野,楠原,吉志を門司六ヵ郷といい,門司氏もこの6家に分かれる。南北朝の動乱では,伊川系の親頼が猿喰城に拠り南朝宮方に属し,片野系の親資は門司関城に拠って北朝武家方として戦った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の門司氏の言及

【門司関】より

…鎌倉幕府滅亡後も下総氏は関を握り,門司を名字とするようになった。門司氏は南北朝後期に豊前守護となった大内氏の被官となり,以後大内氏の九州への橋頭堡の役をはたし,大内氏滅亡後は毛利氏被官として大友氏の進出に対抗した。【木村 忠夫】。…

【門司氏】より

門司関は交通の要所として執権北条氏の所領となり,下総氏はその被官であった。南北朝以降土着化が進み門司氏と称するようになる。伊川,柳,大積,片野,楠原,吉志を門司六ヵ郷といい,門司氏もこの6家に分かれる。…

※「門司氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

門司氏の関連キーワード少弐冬資

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android