コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開城簿記 かいじょうぼき

世界大百科事典 第2版の解説

かいじょうぼき【開城簿記】

朝鮮,李朝時代に開城(松都)の商人が使用した簿記。近代的な複式簿記の原理に通じるシステムをもち,ルネサンス期の北イタリア都市におけるその形成とほぼ同じころから,独自に考案され発展したものである。取引を発生順に記録する〈日記帳〉のほか,債権・債務の決済関係を記入する〈捧次秩〉〈給次秩〉,商品の購入・売却を記入する〈買得秩〉〈放入秩〉という四つ元帳があり,決済関係については取引先別に,売買については項目別に勘定口座が設けられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

開城簿記の関連キーワード李氏朝鮮

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android