開山忌(読み)かいさんき

大辞林 第三版の解説

かいさんき【開山忌】

寺院の草創者の忌日に営む法会ほうえ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かいさん‐き【開山忌】

〘名〙 寺院の開祖の忌日(きにち)(=命日)に営む法会。
※教言卿記‐応永一二年(1405)九月二六日「廿九日まては開山忌、惣別無隙」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の開山忌の言及

【開山・開基】より

…浄土真宗では宗祖親鸞のみを開山とよび,末寺の開創者をすべて開基とよんでいる。開山入寂の忌日法会を〈開山忌〉と称し,その仏寺の開山の像や位牌を安置する堂宇を〈開山堂〉と称する。宗派の開祖が開山と称されることがあり,たとえば曹洞宗では道元を開山禅師,浄土真宗では親鸞を開山聖人(しようにん)とよんでいる。…

【祖師忌】より

…一宗一派の開祖の忌日,またはその忌日に営む法要。浄土真宗のように宗派の開祖を開山という場合もあるが,寺院の創始者はとくに開山と称され,この場合は開山忌とよばれている。宗派の開祖であるから盛大に営まれ,その恩徳が謝せられる。…

※「開山忌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開山忌の関連情報