コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開発利益の社会還元(読み)かいはつりえきのしゃかいかんげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開発利益の社会還元
かいはつりえきのしゃかいかんげん

都市の整備開発などによる地価上昇が土地所有者にもたらす利益は不労所得であるから社会に還元されるべきである,という考え。土地基本法にも宣言されており,開発の進む近年,特にその要望は強まっている。しかし,開発利益をどう査定し,どのように社会資本財源に充てていくかという実際の運用面については,試行錯誤の段階である。日本のように縦割り的に制度が成り立ち,自治体都市計画権限がない場合は特に難しいといえるが,受益者負担原則の導入などが一つの方法として示されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android