コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑素 カンソ

デジタル大辞泉の解説

かん‐そ【閑素】

[名・形動ナリ]平穏で質素な暮らしをすること。また、そのさま。
「伊賀の古郷に庵を構へ、爰にてしばしの―をうかがひ給ふに」〈枯尾華

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんそ【閑素】

( 名 ・形動ナリ )
心静かに質素に暮らす・こと(さま)。 「中山の麓に-幽栖のわびびとあり/海道記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android