コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カン

デジタル大辞泉の解説

かん【閑】

[名・形動]暇なこと。また、落ち着いてのどかなさま。「忙中あり」
「やさしき鳩、―なる鳩」〈露伴・露団々〉

かん【閑】[漢字項目]

常用漢字] [音]カン(漢) [訓]ひま しずか
用事がないとき。ひま。「閑暇閑日月/寸閑・繁閑有閑農閑期
実用的でない。むだ。「閑事業閑文字
のんびりと落ち着く。ひっそりと静か。「閑居閑散閑寂閑静閑談安閑森閑清閑悠悠閑閑
どうでもよい。いいかげん。「閑却等閑
[名のり]しず・のり・もり・やす・より
[難読]等閑(なおざり)長閑(のどか)

のど【閑/和】

[形動ナリ]
のどか」に同じ。
「明日香川しがらみ渡し塞かませば流るる水も―にかあらまし」〈・一九七〉
平穏無事であるさま。
「大君の辺(へ)にこそ死なめ―には死なじ」〈続紀・聖武・歌謡〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かん【閑】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ひま。ひまな時間。また、ゆったりと落ち着いてしずかなさま。 「忙中に-を得る」 「鳥声-なる郊外/世路日記 香水

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

閑の関連キーワード千葉県千葉市緑区誉田町石川県白山市鶴来本町加藤勘六(2代)閑院宮直仁親王閑院宮典仁親王閑院宮載仁親王ひっそりかん虎屋小源太夫真夜中の探偵ハルレスード教仁法親王しばしば目灌所・潅所ひっそり閑仮時・暇時言の葉の道典仁親王飛来一閑孝仁親王室子女王

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閑の関連情報