コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カン

デジタル大辞泉の解説

かん【閑】

[名・形動]暇なこと。また、落ち着いてのどかなさま。「忙中あり」
「やさしき鳩、―なる鳩」〈露伴・露団々〉

かん【閑】[漢字項目]

常用漢字] [音]カン(漢) [訓]ひま しずか
用事がないとき。ひま。「閑暇閑日月/寸閑・繁閑有閑農閑期
実用的でない。むだ。「閑事業閑文字
のんびりと落ち着く。ひっそりと静か。「閑居閑散閑寂閑静閑談安閑森閑清閑悠悠閑閑
どうでもよい。いいかげん。「閑却等閑
[名のり]しず・のり・もり・やす・より
[難読]等閑(なおざり)長閑(のどか)

のど【閑/和】

[形動ナリ]
のどか」に同じ。
「明日香川しがらみ渡し塞かませば流るる水も―にかあらまし」〈・一九七〉
平穏無事であるさま。
「大君の辺(へ)にこそ死なめ―には死なじ」〈続紀・聖武・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かん【閑】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ひま。ひまな時間。また、ゆったりと落ち着いてしずかなさま。 「忙中に-を得る」 「鳥声-なる郊外/世路日記 香水

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

閑の関連キーワード千葉県千葉市緑区誉田町石川県白山市鶴来本町加藤勘六(2代)閑院宮直仁親王閑院宮典仁親王閑院宮載仁親王ハルレスード豊島小源太夫真夜中の探偵虎屋小源太夫しばしば目前川 光隆仮時・暇時ひっそり閑教仁法親王孝仁親王典仁親王村上委山室子女王清水動閑

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閑の関連情報