コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カン

4件 の用語解説(閑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん【閑】

[名・形動]暇なこと。また、落ち着いてのどかなさま。「忙中あり」
「やさしき鳩、―なる鳩」〈露伴・露団々〉

かん【閑】[漢字項目]

常用漢字] [音]カン(漢) [訓]ひま しずか
用事がないとき。ひま。「閑暇閑日月/寸閑・繁閑有閑農閑期
実用的でない。むだ。「閑事業閑文字
のんびりと落ち着く。ひっそりと静か。「閑居閑散閑寂閑静閑談安閑森閑清閑悠悠閑閑
どうでもよい。いいかげん。「閑却等閑
[名のり]しず・のり・もり・やす・より
[難読]等閑(なおざり)長閑(のどか)

のど【閑/和】

[形動ナリ]
のどか」に同じ。
「明日香川しがらみ渡し塞かませば流るる水も―にかあらまし」〈・一九七〉
平穏無事であるさま。
「大君の辺(へ)にこそ死なめ―には死なじ」〈続紀・聖武・歌謡〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かん【閑】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ひま。ひまな時間。また、ゆったりと落ち着いてしずかなさま。 「忙中に-を得る」 「鳥声-なる郊外/世路日記 香水

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

閑の関連情報