コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑谷 しずたに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閑谷
しずたに

岡山県南東部,備前市中部の集落。岡山藩主池田光政領民の子弟教育のために創設した旧閑谷学校 (国指定特別史跡) の所在地。講堂 (国宝) ,聖廟 (孔子廟) ,石塀 (ともに国指定重要文化財) などが残る。そのほか光政をまつる閑谷神社,頼山陽ゆかりの黄葉亭などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

閑谷の関連キーワード岡山県備前市閑谷津田永忠宅跡七海 又三郎小原大丈軒七海又三郎武元登登庵竹内 正志中川横太郎備前(市)武元登々庵旧閑谷学校黒住 宗子竹内正志津田永忠市浦毅斎西 毅一黒住宗子万波醒廬花房端連三村久吾

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閑谷の関連情報