コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑谷学校 しずたにがっこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閑谷学校
しずたにがっこう

閑谷黌 (こう) ともいう。江戸時代郷学として有名。寛文8 (1668) 年岡山藩池田光政が民間子弟の学校として創建。 1877年にはこれが母体となって岡山県立閑谷中学校が生れ,1949年岡山県立閑谷高等学校となった。現在当初の姿を伝える多くの建物が残り,貴重な存在となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

閑谷学校【しずたにがっこう】

岡山藩の郷学。1668年,藩主池田光政が領内に設立した百数十ヵ所の手習所が,和気(わけ)郡閑谷(現,備前市)に置かれたものに1675年統合され,閑谷黌(こう)となった。
→関連項目岡山藩花畠教場備前[市]山田方谷

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しずたにがっこう【閑谷学校】

岡山藩領内の藩設立の郷学校。1666年(寛文6)藩主池田光政は領民教化の一環として和気郡伊里村閑谷(現,備前市)の地に学校設立を計画し,68年手習所を開設したのに始まる。75年(延宝3)各地の手習所を統合して規模を拡張し,正式に閑谷黌(しずたにこう)と称した。藩主の特別の保護により,講堂聖廟,文庫などをもち,藩校に比肩しうる規模を備えた。江戸時代学校建築の代表的遺構で,講堂は桁行7間,梁間6間の入母屋造,1701年(元禄14)の改造になる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の閑谷学校の言及

【池田光政】より

…1654年(承応3)の大洪水で危機に直面したとき,地方(じかた)知行制度の大変革を断行して,家臣統制の強化と領民直接支配の促進をはかり,仁政理念に基づく農政を推進した。また,土木功者津田永忠を起用して新田開発,用・排水路の開削に努め,藩校閑谷(しずたに)学校を創設して士庶の教育に異常な情熱を注ぎ,儒教的合理主義の立場から独自の寺社政策を断行した。好学で世に〈名君新太郎少将〉とうたわれた。…

※「閑谷学校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

閑谷学校の関連キーワード岡山藩主池田家墓所津田永忠宅跡旧閑谷学校谷川 達海津田永忠日本遺産朱子学黄葉亭郷校椿山

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閑谷学校の関連情報