コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間合紙 まにあいがみ

1件 の用語解説(間合紙の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

間合紙【まにあいがみ】

〈幅が半間(約90cm)の襖(ふすま)に合う紙〉の意。間似合紙とも。本来,ガンピ繊維に多量の色土を混ぜてすいた大型の和紙をいったが,その後ミツマタを使用。紙質は柔らかく,襖や屏風(びょうぶ),書画用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

間合紙の関連キーワード鴛鴦の衾半間袋戸襖絵襖紙衾雪松の間間に合い紙エンバクふすまふすま(麩)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone