コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間合紙 まにあいがみ

百科事典マイペディアの解説

間合紙【まにあいがみ】

〈幅が半間(約90cm)の襖(ふすま)に合う紙〉の意。間似合紙とも。本来,ガンピ繊維に多量の色土を混ぜてすいた大型の和紙をいったが,その後ミツマタを使用。紙質は柔らかく,襖や屏風(びょうぶ),書画用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

間合紙の関連キーワードトラ(虎)毛利幸夫ANGERO押入れウチワヤシ(団扇椰子)ノンステップバス甲子園球場リニューアル阪神甲子園球場リニューアルアカムシイトヒキアジ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android