コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間合紙 まにあいがみ

1件 の用語解説(間合紙の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

間合紙【まにあいがみ】

〈幅が半間(約90cm)の襖(ふすま)に合う紙〉の意。間似合紙とも。本来,ガンピ繊維に多量の色土を混ぜてすいた大型の和紙をいったが,その後ミツマタを使用。紙質は柔らかく,襖や屏風(びょうぶ),書画用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

間合紙の関連キーワードトラ(虎)毛利幸夫ANGERO押入れノンステップバス甲子園球場リニューアル阪神甲子園球場リニューアルアカムシイトヒキアジイヌホオズキ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone