コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半間 ハンマ

デジタル大辞泉の解説

はん‐ま【半間】

[名・形動]
全部そろっていないこと。中途半端なこと。また、そのさま。はんぱ。「半間な全集」
気のきかないこと。まぬけなこと。また、その人や、そのさま。
「握飯(にぎりめし)で騙(だま)されるような―な犬が此節がら有るものか」〈魯庵社会百面相

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんま【半間】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
そろっていないこと。はんぱなこと。また、そのさま。 「無理矢理に体裁を繕ろつて-に調子を合せ様とすると/趣味の遺伝 漱石
がぬけていること。また、そのような人やさま。とんま。 「真実ほんとうに-な野郎で/塩原多助一代記 円朝

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

半間の関連キーワード菅田庵(かんでんあん)塩原多助一代記キザミ(刻)大隈重信旧宅間に合い紙間似合紙岡田寧処間接照明照明器具名塩紙違い棚間合紙半間拓同仁斎押入れ床の間照明又隠

半間の関連情報