コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間直し マンナオシ

3件 の用語解説(間直しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まん‐なおし〔‐なほし〕【間直し】

不運を直して幸運にしようとする行い。縁起直し。験(げん)直し。
不漁が続いたときに行う縁起直しのための行事。神社にこもったり盛大な酒宴をしたりする。験(げん)直し。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まんなおし【間直し】

不運を幸運に転ずること。縁起直し。 「いつそのこと、-にふたりづれで出かけまいか/滑稽本・膝栗毛 発端

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

間直し
まんなおし

不漁続きのとき豊漁を取り戻すことを願って行われる行事。シアワセナオシゲンナオシなどともいい、「マン」とは「ゲン」と同じで幸運の意。普通は1日漁を休んで氏神に御籠(おこも)りしたり酒盛りをする程度だが、木造船の場合は船を陸にあげて、船体に付着した船虫や貝、海藻類を除去したり、その防除のために船底を焼く作業を行い、船を海におろしたあと船上や船主の家で酒盛りをする地方もある。[野口武徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間直しの関連キーワード果報押し止める幸いにして幸ふ山気字直し毒手不運幸運幸運を招く男

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone