コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間直し マンナオシ

デジタル大辞泉の解説

まん‐なおし〔‐なほし〕【間直し】

不運を直して幸運にしようとする行い。縁起直し。験(げん)直し。
不漁が続いたときに行う縁起直しのための行事。神社にこもったり盛大な酒宴をしたりする。験(げん)直し。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まんなおし【間直し】

不運を幸運に転ずること。縁起直し。 「いつそのこと、-にふたりづれで出かけまいか/滑稽本・膝栗毛 発端

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

間直し
まんなおし

不漁続きのとき豊漁を取り戻すことを願って行われる行事。シアワセナオシ、ゲンナオシなどともいい、「マン」とは「ゲン」と同じで幸運の意。普通は1日漁を休んで氏神に御籠(おこも)りしたり酒盛りをする程度だが、木造船の場合は船を陸にあげて、船体に付着した船虫や貝、海藻類を除去したり、その防除のために船底を焼く作業を行い、船を海におろしたあと船上や船主の家で酒盛りをする地方もある。[野口武徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

間直しの関連キーワードまんなおし滑稽本保線

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android