間直し(読み)マンナオシ

デジタル大辞泉の解説

まん‐なおし〔‐なほし〕【間直し】

不運を直して幸運にしようとする行い。縁起直し。験(げん)直し。
不漁が続いたときに行う縁起直しのための行事。神社にこもったり盛大な酒宴をしたりする。験(げん)直し。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まんなおし【間直し】

不運を幸運に転ずること。縁起直し。 「いつそのこと、-にふたりづれで出かけまいか/滑稽本・膝栗毛 発端

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

間直し
まんなおし

不漁続きのとき豊漁を取り戻すことを願って行われる行事。シアワセナオシ、ゲンナオシなどともいい、「マン」とは「ゲン」と同じで幸運の意。普通は1日漁を休んで氏神に御籠(おこも)りしたり酒盛りをする程度だが、木造船の場合は船を陸にあげて、船体に付着した船虫や貝、海藻類を除去したり、その防除のために船底を焼く作業を行い、船を海におろしたあと船上や船主の家で酒盛りをする地方もある。[野口武徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android