コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船虫 フナムシ

デジタル大辞泉の解説

ふな‐むし【船虫】

等脚目フナムシ科の甲殻類。多く海岸の岩石の間などに群れをなしてすみ、体長4センチくらい。体は小判形で、横長の体節に分かれ、胸脚は七対ある。 夏》「―に心遊ばせ月を待つ/亜浪

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふなむし【船虫】

甲殻綱等脚目に属する節足動物。体長約4センチメートル。体は小判形でかたい甲におおわれ、第二触角と尾部のひげが長い。胸部の付属肢が発達し、移動が素早い。世界中の海岸に分布し、岩石の下などに群れをなすが、海水中では生存できない。近縁種のヒメフナクイムシを含めることもある。 [季] 夏。
フナクイムシの異名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

船虫 (フナムシ)

学名:Ligia exotica
動物。フナムシ科の節足動物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

船虫の関連キーワード小出 正吾うやうや間直し被覆船近縁種付属肢

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船虫の関連情報