コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船虫 フナムシ

デジタル大辞泉の解説

ふな‐むし【船虫】

等脚目フナムシ科の甲殻類。多く海岸の岩石の間などに群れをなしてすみ、体長4センチくらい。体は小判形で、横長の体節に分かれ、胸脚は七対ある。 夏》「―に心遊ばせ月を待つ/亜浪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふなむし【船虫】

甲殻綱等脚目に属する節足動物。体長約4センチメートル。体は小判形でかたい甲におおわれ、第二触角と尾部のひげが長い。胸部の付属肢が発達し、移動が素早い。世界中の海岸に分布し、岩石の下などに群れをなすが、海水中では生存できない。近縁種のヒメフナクイムシを含めることもある。 [季] 夏。
フナクイムシの異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

船虫の関連キーワード小出 正吾うやうや間直し被覆船近縁種付属肢

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

船虫の関連情報