コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関一政 せき かずまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関一政 せき-かずまさ

?-1625 織豊-江戸時代前期の大名。
伊勢(いせ)(三重県)亀山城主関盛信の子。蒲生氏郷(がもう-うじさと),豊臣秀吉につかえ,関ケ原の戦いでは,はじめ西軍,のち東軍にくわわり,戦後旧領亀山城にかえる。慶長15年伯耆(ほうき)(鳥取県)黒坂藩(5万石)藩主となるが,元和(げんな)4年内紛により改易(かいえき)。寛永2年10月20日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android