コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関元洲 せき げんしゅう

1件 の用語解説(関元洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関元洲 せき-げんしゅう

1753-1806 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦3年5月24日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩儒関祖洲の子。細井平洲の知遇をえて江戸でまなび,名古屋藩主徳川宗睦(むねちか)につかえて藩校明倫堂教授をつとめた。文化3年2月4日死去。54歳。名は照,嘉。字(あざな)は公乗,公徳。通称は進治。著作に「説苑纂註(ぜいえんさんちゅう)」「律数揚搉(ようかく)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関元洲の関連キーワードナポリ王国大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎銚子醤油日本の民家喜多川歌麿喜多川歌麿喜多川歌麿喜多川歌麿

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone