コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関叟梵機 かんそう ぼんき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関叟梵機 かんそう-ぼんき

?-? 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。加賀(石川県)仏陀寺の太容梵清(たいよう-ぼんせい)のもとで出家。その弟子の備中(岡山県)法泉寺の開山古澗仁泉(こかん-にんせん)に師事し,その法をつぐ。法泉寺,能登(石川県)総持寺の住持となり,のち仏陀寺にもどった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関叟梵機の関連キーワード曹洞

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android