コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関叟梵機 かんそう ぼんき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関叟梵機 かんそう-ぼんき

?-? 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。加賀(石川県)仏陀寺の太容梵清(たいよう-ぼんせい)のもとで出家。その弟子の備中(岡山県)法泉寺の開山古澗仁泉(こかん-にんせん)に師事し,その法をつぐ。法泉寺,能登(石川県)総持寺の住持となり,のち仏陀寺にもどった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関叟梵機の関連キーワード曹洞

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android