コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関同

2件 の用語解説(関同の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

関同

中国五代の画家。陜西省西安(長安)生。関同・関童・関幢とも。荊浩に学び、師と並称されるに至る。山水を能くし、好んで秋山寒林の図を描く。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関同
かんどう
Guan Tong

中国,五代後梁 (907~923) の画家。「同」は「童」などとも書く。長安 (陝西省) の人。初め荊浩 (けいこう) に学び大構図の山水画を得意としたが,のち簡潔な筆法による雄大な山水画風を完成,宋代の山水画家に多大の影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の関同の言及

【関仝】より

…生没年不詳。関同とも表記する。長安の人。…

※「関同」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関同の関連情報