コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関仝 かんどう

2件 の用語解説(関仝の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

関仝【かんどう】

中国,五代の画家。関同とも。生没年不詳。長安の人。荊浩(けいこう)を師とし,水墨山水画を描いて宋代の画家に大きな影響を与えた。自然の景観を力強い筆致で描写したと伝えられるが,作品は現存しない。
→関連項目王鐸倪【さん】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんどう【関仝 Guān Tóng】

中国,五代後梁の山水画家。生没年不詳。関同とも表記する。長安の人。荆浩(けいこう)に山水を学んで出藍の誉れをうたわれ,関家山水と称する独自の様式を成就した。魏々たる峰々と幽邃(ゆうすい)な渓谷から成り,《秋山晩翠図》(台北故宮博物院)が文献の記載に最も合致する。唐代の樹石画的要素をとどめ,山石の気勢表現を主要モティーフとするのは注目される。五代・北宋初期,陝西,河南を中心に根強く広まり,王端,劉永,王士元,郭忠恕などの関仝派画家がいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

関仝の関連キーワード王建章夏珪馬遠巨然荊浩後梁呉道玄董源李唐郭熙