コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関仝 かんどう

百科事典マイペディアの解説

関仝【かんどう】

中国,五代の画家。関同とも。生没年不詳。長安の人。荊浩(けいこう)を師とし,水墨山水画を描いて宋代の画家に大きな影響を与えた。自然の景観を力強い筆致で描写したと伝えられるが,作品は現存しない。
→関連項目王鐸倪【さん】

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんどう【関仝 Guān Tóng】

中国,五代後梁の山水画家。生没年不詳。同とも表記する。長安の人。荆浩(けいこう)に山水を学んで出藍の誉れをうたわれ,関家山水と称する独自の様式を成就した。魏々たる峰々と幽邃(ゆうすい)な渓谷から成り,《秋山晩翠図》(台北故宮博物院)が文献の記載に最も合致する。唐代の樹石画的要素をとどめ,山石の気勢表現を主要モティーフとするのは注目される。五代・北宋初期,陝西,河南を中心に根強く広まり,王端,劉永,王士元,郭忠恕などの関仝派画家がいた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関仝の関連キーワード∞SAKAおばちゃんROCKサンサンシティ・マーゴ岐阜県関市西日吉町岐阜県関市南春日町岐阜県関市池尻有耶無耶の関遠藤斉治朗佐賀関半島我関せず関 兵馬新居の関赤間関横川関逢坂関関帝廟鈴鹿関関迎へ粤海関関雎平成

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android