荊浩(読み)けいこう(英語表記)Jing Hao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荊浩
けいこう
Jing Hao

中国,唐末,五代の画家。沁水 (山西省) または河内 (河南省) の人。字は浩然。学問,文章ともにすぐれた。五代の戦乱を避けて太行山の洪谷に住み,洪谷子と号し山水,樹石を描いて悠々自適の生活をおくった。画風は筆 (線) を主体とする唐朝山水画風の伝統に基づきながら,墨 (水墨) との融合を試み,新意を加えたものと想像され,宋初の山水画に大きな影響を及ぼし,華北山水画の成立に寄与した。著書に画法を論じた『筆法記』,遺品に大作『雪景山水図』 (カンザスシティー美術館) があるが,疑念ももたれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けい‐こう〔‐カウ〕【荊浩】

中国、唐末五代の画家。字(あざな)は浩然。号、洪谷子(こうこくし)。水墨山水画に独自の境地を開き、北画中興の祖といわれた。著と伝える「筆法記」がある。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

荊浩【けいこう】

中国,唐末五代の画家。生没年不詳。河南の人。字は浩然。乱世を避けて官途につかず,太行山の洪谷に隠棲(いんせい)して洪谷子と号した。博学で文章にもすぐれ,絵では水墨の山水画を得意とした。彼の《山水訣》は後補されて《筆法記》となって残っている。
→関連項目王鐸関仝倪【さん】

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

けいこう【荊浩】

中国、唐末後梁の画家。山西省生まれ。字あざなは洪然。号は洪谷子。水墨山水画に新生面を開拓、北画中興の祖と呼ばれる。今日「筆法記」として伝わる画論「山水訣」を著す。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荊浩
けいこう

生没年不詳。中国、唐末から五代の初めに活躍した画家で、この期の代表的山水画家。河南省沁水(ひょうすい)(あるいは河内)の人。字(あざな)は浩然(こうねん)。乱世を避けて太行山の洪谷(こうこく)に隠れ住み、洪谷子と号した。学問があり、その画論に『筆法記』がある。仏画も描いたらしいが、山水において名がある。しかしその真跡は現存せず、その画の実体は明らかではない。荊浩画と伝える作品では『雪景山水図』(カンザス市美術館)、『匡廬図(きょうろず)』(台北・国立故宮博物院)がよく知られている。[星山晋也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android