コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荊浩 けいこう Jing Hao

5件 の用語解説(荊浩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荊浩
けいこう
Jing Hao

中国,唐末,五代の画家。沁水 (山西省) または河内 (河南省) の人。字は浩然。学問,文章ともにすぐれた。五代の戦乱を避けて太行山の洪谷に住み,洪谷子と号し山水,樹石を描いて悠々自適の生活をおくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けい‐こう〔‐カウ〕【荊浩】

中国、唐末五代の画家。字(あざな)は浩然。号、洪谷子(こうこくし)。水墨山水画に独自の境地を開き、北画中興の祖といわれた。著と伝える「筆法記」がある。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

荊浩【けいこう】

中国,唐末五代の画家。生没年不詳。河南の人。字は浩然。乱世を避けて官途につかず,太行山の洪谷に隠棲(いんせい)して洪谷子と号した。博学で文章にもすぐれ,絵では水墨の山水画を得意とした。
→関連項目王鐸関仝倪【さん】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

けいこう【荊浩】

中国、唐末後梁の画家。山西省生まれ。字あざなは洪然。号は洪谷子。水墨山水画に新生面を開拓、北画中興の祖と呼ばれる。今日「筆法記」として伝わる画論「山水訣」を著す。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荊浩
けいこう

生没年不詳。中国、唐末から五代の初めに活躍した画家で、この期の代表的山水画家。河南省沁水(ひょうすい)(あるいは河内)の人。字(あざな)は浩然(こうねん)。乱世を避けて太行山の洪谷(こうこく)に隠れ住み、洪谷子と号した。学問があり、その画論に『筆法記』がある。仏画も描いたらしいが、山水において名がある。しかしその真跡は現存せず、その画の実体は明らかではない。荊浩画と伝える作品では『雪景山水図』(カンザス市美術館)、『匡廬図(きょうろず)』(台北・国立故宮博物院)がよく知られている。[星山晋也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荊浩の関連キーワードヒルト華夷チャイナ中文唐画中華街中国銀聯中国茶の日中国醤油孔子学院

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone